風邪を引いた時にはこれが一番

こんにちは。 先日新しいメガネを作ってもらいました。みなさん裸眼ですか?メガネですか?コンタクトですか? 私は普段コンタクトですが、目が痛く、視界も白く、眼科に行ったら目に傷がついているとのことで した。そこでコンタクトを一週間ほど使えなくなってしまったので、急遽メガネを作ってもらったわ けです。

さて、『咲恵先生のボイトレ奮闘記』今日はvol.20。 このブログでは日々生徒さんから寄せられる「声」「歌」への疑問点や悩みについてゆるりと解決し ていきます。
今日は、囁き声は喉にいいか?悪いか?、です。

風邪で声が出なくなった、、!

風邪で声が出なくなった時、あると思います。そんな時、喉になるべく負担をかけないようにと、囁き声で 話したりはしていませんか?

ささやき声は喉に悪い!?

結論から言ってしまうと、ささやき声は喉に悪いと言われています。一見静かに聞こえて良さそうな囁き声は 実は声帯を痛めてしまうんです。それはなぜでしょうか??

声帯は常に湿っている

声帯は常に適度な潤いを持っています。声を出す時は、この潤いのおかげで声帯が適度にゆっくり振動してい ます。しかし、ささやき声は、どうでしょう。吐く息は声帯を振動させず、本来の発声とは逆のメカニズムと なります。なんだか声がもっと出にくくなったな、喉に違和感があるな、と気づいた時には時すでに遅し、声 帯はカラカラに乾いた状態になっているでしょう。乾いたからといって飲み物を飲んでも、それは食道に通っ ていくものなので関係ありません。

極力喋らないのが1番

もしも風邪をひいて声が出ない時は、喋らないのが1番です。声帯を動かさず、安静にして炎症をとめてあげ ましょう。どうしても喋らなければならない時は、普通の声でお話してください。ただ、極力喋らないのが1 番です。そして風邪が治っても、健康だった時より声帯は衰えているので、急に声を出すのではなく、ゆっく り少しずつ声を出していきましょうね。

体験レッスンバナー赤 咲恵先生魔法使いイラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です