強い声=大きい声ではない

咲恵先生ボイトレ29_アイキャッチ

強い声=大きい声ではない

こんにちは、咲恵です。

ここのところずっと雨ですね。そして寒い。気温が急に変わると体調を崩す方が多いと思います。

暖かくして、自分の体調に敏感でいましょう。

そして、風邪かな?と思ったらすぐに対処して、風邪をひかないようにしましょう。

さて、『咲恵先生のボイトレ奮闘記』今日はvol.30。

 咲恵先生立っているイラスト

このブログでは日々生徒さんから寄せられる「声」「歌」への疑問点や悩みについてゆるりと解決していきます。

今日はボイストレーニングの内容ではなく、意識的なお話を書こうとおもっているので、ボイストレーニングの内容に関して知りたい方は他のページをごらんください。

今日は、「強い声と大きい声は違う」ということについてです。

 
 
 

大きい声と強い声は混同されることがよくある

レッスンで、「この部分はもっと強く出して」とお伝えすると、声を「大きく」する方がいました。強い声と大きい声は違うものです。ここを混同する方は多いです。
 

大きい声とは?

大きい声とは、声量がある、つまり音量が大きいということです。これは、音が弱い、強い、は関係ありません。マイクの音量をあげれば音は大きくなりますね。そういうことです。
 

強い声とは?

では、強い声とはどういったものでしょう。『強い声とは、強くて大きい声』と『”いい声”発掘!!「声道場」』に書いてあります。意志のある声、といってもいいかもしれません。この強い声は、説得力のある声です。
例を考えてみましょう。大きく強い声で指示をだすリーダーの人は、力があって、引っ張っていってくれそうな感じがしますよね。多くのひとに支持される声はこの強い声が多いのです。
 

では弱い声とは?

強い声の対比である、弱い声はどういった声でしょうか。『力のない小さい声での発声発音』と、上記と同著に記載があります。例えば、風邪で寝込んでいる人が出す声は、弱々しく、相手が心配しそうな声ですよね。
ただ、小さくても前に突き抜けていくような声もあります。こういった表現ができるようになってくると、表現の幅が広がります。
 
 

表現してみよう

歌詞の意味に合わせて、強弱を使いわけ、より表現ができたらもっと歌うのが楽しくなりますよ♪
 体験レッスンバナー赤咲恵先生魔法使いイラスト

咲恵先生ボイトレ29_アイキャッチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です