フィギュアスケートにも歌にも共通するアレ

ざっくり言うと

  • フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦が先日行われた
  • フィギュアスケートと歌に共通することがある
  • どちらにも「流れ」があり、全体を捉えることが大切

 

フィギュアスケートにも歌にも共通するアレ

こんにちは、咲恵です。

最近はもとても寒く、間も無く冬がやってきそうですね。冬といえば何でしょう?

雪、鍋、厚着、ウィンタースポーツ・・・

ウィンタースポーツといえば、今月28日29日でフィギュアスケートのGPシリーズ第二戦カナダ大会がありましたね。昨今ますます盛り上がりを見せているフィギュアスケートですが、実は歌とも共通点があるんです。

さて、『咲恵先生のボイトレ奮闘記』今日はvol.33。

このブログでは日々生徒さんから寄せられる「声」「歌」への疑問点や悩みについてゆるりと解決していきます。

今日は、「フィギュアスケートにも歌にも〇〇がある!」ということについて、書こうと思います。

咲恵先生スケートイラスト

咲恵先生がスケートをしているイラスト

フィギュアスケートとは

フィギュアスケートといえば、ジャンプ、ステップ、スピンなど、、、音楽に合わせてこれらを表現するスポーツです。ちなみに『フィギュア』というのは、図形「フィギュア」を描くことに由来、立体造形物の「フィギュア」とは関係ないようです。
グランプリシリーズは、28日昼12時と29日午前10時!目が離せません!
フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦番組HP

フィギュアスケートにも歌にも共通するアレ

フィギュアスケートのいい演技と、いい歌には共通しているものがあります。それは、「流れ」です。
・・・???
という感じですよね、
では、まずフィギュアスケートで確認して見ましょう。

羽生結弦選手の演技

羽生選手の演技には、無駄な箇所がないと思います。例えば、ジャンプをする前の精神的な不安だったり、力みだったりが見えず、助走も演技の一部分となっているように見えます。曲に合わせて演技をしますが、その演技全体の中の一部分としてジャンプやステップが存在しており、単体で存在しているわけではありません。ずっと続いているものなのです。

美空ひばりさんの歌唱

歌にも流れがあります。声を発することだけではなく、歌うことで発生するすべてが全体の一部です。例えば、「ブレス」や「高音」等は、多くの人が課題、障害と思っている部分です。しかし、こういった「ブレス」や「高音」も流れの中に存在しています。
美空ひばりさんの曲で確認をして見ましょう。




「ああ、川の流れのように」「ゆるやかに」

特に何も考えずに歌ってしまうと、この「」で区切った部分を、分けて捉えて歌う人が多いように感じます。

なぜならここにブレスが入るので、そこでいちど流れを止めてしまうんですね。

しかし、美空ひばりさんの歌唱をよく聞いて見ましょう。この「」で区切った部分も繋がって聞こえませんか?

よくよく考えてみると、この「」部分というのを文章で捉えてみると、「ああ、川の流れのように、ゆるやかに」というふうに、読点で繋がっています。ブレスこそ入っていますが、文章としては繋がっているため、歌も繋がっているのです。

どんなにブレスが入ろうとも、高音部分があろうとも、すべて全体の一部です。一曲を通して流れを止めないことが大切です。

流れを大切にしよう

物事には流れが存在します。全体を捉えることを意識してみると、歌い方も変わってきますよ。

<参考>

wikipedia
biglobe news

 

体験レッスンバナー赤咲恵先生魔法使いイラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です