それってあってる?腹式呼吸の勘違い

呼吸の達人

それってあってる?腹式呼吸の勘違い

どーも、翔太です。
歌を練習しようと思った時に最初に習得したい腹式呼吸
この腹式呼吸は音楽の合唱の授業でも聞いたことがあると思います。
その時、先生はなんと言ってましたか?
「お腹から声を出してー」
とかなんとか。
実は腹式呼吸は間違って教えられていることが多いんです。

 

間違った腹式呼吸の認識

腹式呼吸は日本だけでなく世界中で知られているものです。
では、なんで腹式呼吸がいいのか考えたことはありますか?

  • 大きな声が出せるから
  • 息をたくさん吸えるから
  • 喉を痛めないように
  • みんなが正しいと言っているから
 

など、いろいろあると思います。
でも考えてみてください。
本当にそれらは正しいのでしょうか。

イメージばかりの指導

腹式呼吸を教えてもらう時によく聞くのが
お腹から声を出して」です。
僕も、学校の音楽の先生をはじめ、そのように教えてくれる人たちが多かったです。
何もわからないあの頃の僕は必死にお腹から声を出そうと頑張っていました。
でもある時思ったんです。
「お腹から声なんて出るわけないじゃん」
確かにその通りなんですね。
声は声帯からしか出ません。
お腹から声なんて出るわけがないんです(笑)
具体的な理由や方法は教えてもらえず、イメージだけの間違った指導だったんです。
(そんな事言っても僕は音楽の先生が大好きでした)

最後に

腹式呼吸一つ取っても勘違いしていることは多いです。
何か練習する時に、そのことを理解しないでやることは危険だと言えます。
それでは最後まで見ていただきありがとうございました。

 

呼吸の達人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です