俺ってこんな声なの?骨伝導の秘密

俺ってこんな声なの?骨伝導の秘密

どーも、翔太です。
自分で歌の録音を初めて聴いた時のこと。
「え、これ誰の声?俺こんな声なの?」
1度はこんな経験があるんじゃないでしょうか。
自分で思っていた声よりも高い。
こんな馬鹿っぽく聞こえてるんだ。
色々あったと思います。
僕は初めて自分の声を録音した時、母親の声に似ていてショックを受けました、、、(笑)
なんで自分で聞いている声と録音の声が違うのでしょうか。
今日はそんなことを書いていきたいと思います。

 

骨伝導

普段、僕たちが聞いている自分の声と、録音した声が違うのはなぜなのでしょう。
それは、自分の声が骨伝導によって聞こえているからなんです。
いきなり骨伝導といってもわからないと思います。
骨伝導とは、音(振動)が骨を伝わって聞こえることを言います。
この骨伝導で聞こえる音を骨導音といいます。

 

ではなぜ声が違って聞こえるのか。

まず、声帯から声が発せられます。
この声は口から外に出て、空気を伝わってみんなの耳に届きます。
このとき、同時に声帯から発せられた声が骨に伝わり(骨伝導)内耳に届きます。
これが普段自分が聞いている声です。
骨伝導は低い音を伝えやすいので、周りで聞いている声よりも低く聞こえます。
なので録音した自分の声を聞くと違和感があるんですね。
僕がショックを受けた原因はこの骨伝導にあったわけです。

 

自分の声と向き合うこと

自分の声は骨伝導で聞いているから録音した声を聞くと違和感があることはわかっていただけましたか?
録音した自分の声はなんか嫌だ。という人もいると思います。
ですが、どうせなら一生付き合っていく自分の声を好きになってあげたほうがいいですよね。
そのためにも、まずは周りが聞いている本当の自分の声を認めてあげてください。
録音を聴いて、自分の声のいいところをたくさん探してあげてください。

最後に

自分の声と向き合うことが、上達の近道とも言えるでしょう。
僕たちボイストレーナーはあなたの声のいいところを探すお手伝いをさせていただきます。
皆様が自分の声を好きになれますように。
それでは最後まで見ていただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です