ソの音で話すと印象が良いと聞いたので、各国のトップの声を確認してみた。

アメリカ人のスピーチ

ソの音で話すと印象が良いと聞いたので、各国のトップの声を確認してみた。

 

どーも、翔太です。
第一印象ってとても大事です。
この第一印象、見た目も大事ですが、第一声も大事なんです。
もしこの第一声で好印象を与えることができたら最高ですよね。

ではどうやったら好印象を与えることができるのか。
ポイントは声のトーン(高さ)にあるんです。
声のトーンによって与える印象が変わるんですね。


読んでいただきたい人

・声の印象を良くしたい
・政治が好き
・トルドー首相のファン
・安倍首相の演説で感動した


印象の良い声のトーンは、、、

 

ではどのトーンが1番いいのか。
ズバリ「ソ」の音です。
これはビジネスでも有名な話ですね。

 

そこで僕は、
国の顔である首相や大統領の声は「ソ」の音なんじゃないか。
そう思ったわけです。
だって、国のトップだもん。
印象は良い方がいいでしょう。

 

ということで、各国のトップの声をチェックしてみました。

 

各国のトップの声をチェック

 

演説などを全部チェックするのはとても辛いので、
冒頭の挨拶、つまり第一声の声のトーンをチェックします。
※僕は絶対音感ではないので、細かいところはスルーして欲しいです。

 

安倍総理


全然「ソ」の音じゃないですね。
これは「レ」前後の音ですよね。
「レ」でも印象いいのかな。

 

トランプ大統領


これは「ラ」くらいのでしょうか。
惜しいですね。
ギリギリ「ソ」じゃない感がありますね。

 

トルドー首相


「ド」あたりですか。
なんでだろう。
全然「ソ」じゃない。
次も「ソ」じゃなければこの調査やめにします。

 

プーチン大統領


「ソ」きたーーーーーーーーー!!!
と思ったら司会の声でした。
プーチン大統領は全然違う音でしたね。
はい。もうやめましょう。

 

まとめ

 

全然「ソ」の音なんて出してませんでした。
各国のトップは好印象なんて気にしないのでしょう。
でも、「ソ」の音で話すと印象が良くなるのは本当です。
我々庶民は「ソ」の音で話して好印象をゲットしましょう。
それでは、最後まで見ていただきありがとうございました。

 

 

アメリカ人のスピーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です