ボイストレーナーに質問!「鼻づまりは歌に影響する?」

怯える女性

ボイストレーナーに質問!「鼻づまりは歌に影響する?」

自覚しているしていないに関わらず、全体的に鼻がづまりのある人は多いように思います。

今回はそんな鼻づまりが与える影響を考えていきましょう。

回答者
古川先生ブログ風

鼻づまりは声に影響します

鼻が詰まっている場合、歌を唄う上で様々な不具合があります。
具体的には以下の3つの変化が起こりその不具合が生じます。

  1. 音色の変化
  2. 発音の変化
  3. 呼吸法の変化

ではココからは各変化に関して詳しく解説してゆきます。

音色の変化

音色

これは最もわかりやすい変化であり、俗にいう「鼻声」です。鼻が詰まることで声の響き方が変わり、明らかに声の音色が変化します。声にはそれぞれに対して相応の印象があるものです。鼻声は「病的」であったり「はっきりしない」「気持ち悪い」印象を与えてしまいます。この声では、身につけた素晴らしい歌唱力もその威力は半減してしまうでしょう。

発音の変化

発音

発音には鼻腔の共鳴を伴う発音があります。例えば「ま行」。これは通鼻音に属する発音です。この発音は鼻声の時に発音すると「ば」に聞こえてします。このように鼻声では発音が変化してしまうわけです。ボーカルの武器である「歌詞」を伝えられないとなると歌をうたう上で大きな影響があるといえるでしょう。

呼吸法の変化

呼吸法

歌において呼吸はとても大切な要素です。その呼吸をどのような方法で行っているのかもまた大切な要素となります。私はボイストレーニング行う時に、皆さんに鼻呼吸をお勧めしています。鼻呼吸を行うと様々なメリットがあることは以前お伝えしました。

質問⑧「歌を唄うと喉が渇く感じがして声を出しづらい」

この記事の中盤に以下のような内容を記載しました。

鼻呼吸のメリット

是非参考になさってください。

鼻づまりに気がついていない人が多い

あなたがもし声を扱う仕事を目指している、もしくは従事されているようであれば、鼻づまりは大敵です。慢性の鼻づまりを持っている人ほど、自分はそうでもないと思っている傾向にあります。あなたの鼻づまりが解消されればあなたの声は本来の姿を取り戻すでしょう。

古川先生勇者イラスト

古川先生勇者イラスト

怯える女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です