歌う時の姿勢

姿勢良く歩く女性

歌う時の姿勢

どーも、翔太です。
街を歩いていると姿勢が悪い人をよく見かけます。

猫背だったり、なんか傾いていたり。
見た目の印象も悪いし、歌を歌う上でもよくないです。

せめて歌う時だけでも、良い姿勢を心がけたいものです。 

良い姿勢って?

良い姿勢をネットで検索するとたくさん出てきます。
背筋を伸ばしてとか、重心は前にとか。

でも、そんなにあれこれ難しく考えなくていいと思います。
重心バランスが取れていて肺が開いた状態。
単純ですが、これが一番いい姿勢なんです。

一般的に良いとされる姿勢がその人にとって良い姿勢とは限りません。
骨格や筋肉のつき方が違うので、
全ての人に当てはまる良い姿勢なんてあるはずがないんですね。

自分の体の重心バランスが取れていて、
肺が開いた状態ならそれがあなたの良い姿勢です。
無理に良い姿勢を取ろうとしても、
その姿勢がその人にとってキツイ姿勢だったら力みが生まれます。
良い姿勢を取ろうとしているのに力んでしまったら元も子もありません。 

歌う時の姿勢が悪いとどうなる

ついついおろそかにしがちな姿勢。
発声やテクニックに気をとられると忘れてしまいますよね。
よくあるのは猫背や顎が上がってしまうことです。

猫背 

猫背は肺や器官が圧迫されてしまいます。
肺が圧迫されると呼吸がしにくくなってしまいます。
呼吸がうまくできないと、力みが出て声が響きません。

顎が上がってしまう

歌う時によくあるのが、顎が上がってしまうことです。
サビなど音が高くなった時になりがちです。
顎が上がってしまうとのどや顎に力が入ってしまい声が出ません。
これは呼吸がしっかり取れていない人に多いです。

呼吸がうまく取れない→苦しくなって顎が上がる→首回りの筋肉や顎に力が入る→声が出ない→焦って呼吸が取れなくなる
この悪循環にはまってしまいます。

いい姿勢で歌うには訳がある

なぜいい姿勢で歌うのがいいのか。
それは、単純に一番いい声が出るからです。

スポーツでもそうですが、
姿勢が悪いといいパフォーマンスはできません。
効率よく力を使えないからです。

いい姿勢で歌う理由を細かくあげるなら、

  • 効率よく歌うための筋肉が使える(腹筋や背筋など)
  • 息の通り道を確保することができる
  • 肺を開くことで、楽に呼吸ができる
  • リラックスして歌える

などがあります。

最後に

良い姿勢と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、
難しく考える必要はありません。

重心バランスが取れていて肺が開いた状態。

これさえ意識すれば大丈夫です。
姿勢を正すことでいろんなことが改善されるので、
これから少し意識してみてください。

それでは最後まで見ていただきありがとうございました!

 

 

姿勢良く歩く女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です