ボイストレーナーのギャラを決めてみた

嬉しそうな講師の写真

ボイストレーナーのギャラを決めてみた

どーも、翔太です。

アーティストとして、ボイストレーナーとして
日々勉強の毎日を過ごしています。

今日も教室の先生たちとミーティングをしました。そこで!!今日はその教室ミーティングの裏側を(上に怒られない程度に)書いてしまおうと思います。

今日のテーマはこれ!

僕たちのギャラについて

今日、ミーティングで上司がこんなことを言ってきました。 


自分たちでギャラ決めてええで

 

 

 

『え???』

 

 

『いいんですか?!?!』

僕たちはいつも助けてもらってばかりです。
日頃の感謝も感じつつ、こう決めました。

 

『よし、ふんだくってやろう』

生きていくためにはお金が必要です。

人間は中身が大事!
お金なんかなくても良い!

なんて言ってる人もいますが、
世の中カネ、金、かね。
結局お金が全てなんですよ。(まさにクズ)

ふんだくると言っても、
ただただ要求してもダメだ。
まずはデータを集めなければ。

ここから作業スピードは120%アップ。
お金の力は偉大です。

お金、万歳。

ボイストレーナーのギャラの相場に対して破格の。。。

僕はその後、すぐにボイストレーナーのギャラの相場を調べあげました。
そして必死のプレゼンの結果、

相場より30%上乗せすることに成功しました。

でもこの時、僕の中の天使がつぶやきました。

『あなたはお金のためにボイストレーナーになったの?』

そうだ。みんなが喜ぶ顔が見たいから。
みんなの役に立ちたいから
ボイストレーナーになったんだ。

ありがとう。僕の中の天使。

ギャラの件はとりあえず白紙にしてもらいました。

「お金よりも大切なものがある」

上司はそんなことを僕に伝えたかったのかもしれません。

ありがとう。上司。
しっかり伝わってきましたよ。

そんな心温まる心温まるミーティングでした。

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました。

あーあ。1万円札降ってこないかなー。

 

嬉しそうな講師の写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です