大阪校

声の不思議

皆様こんにちは!
歌と声の学校 大阪校講師 ヒカルです♪

突然ですが、声って本当に不思議だと思いませんか?
不思議というか、気持ちと声は繋がってるというか。

と、言うもの、皆様も一度は体験したことがあるかと思いますが、
この人見た感じは普通なのに、話してみると怒ってるなあとか、今焦ってるのかなあとか。
そんな思いを抱いたこと、一度はありませんか?

どんなに見た目は取り繕っても
内心怒っていたら少し低めの声になりますし、
焦っていたら自然と早口になりますし、
嬉しいことがあったら自然と明るい口調になります。

そう考えると見た目はどんなにごまかそうとしても、
発する声にはどうしても気持ちが乗ってきてしまうんですね。

又、逆に作った声を出している人も聞いていてなんとなくわかりませんか?
ぶりっ子のような声だったり、人当たり良く接したいときに出す高い声だったり。
特に営業さんがお客さんと電話で話したりしている声がいい例です。
お客さんと電話で話したりするときには無意識にどうしても高い声を使ってしまいがちですね。

こんな風に考えると声って本当に作れないものなんだなと実感します。
やはりその人自身の声がその人には一番合っているんです。
自分の持っている声は誰にも真似できない唯一無二の声です。

そんな自分の声を好きになって、より自分の声を魅力的にしてあげましょう♪

RELATED POST