小太刀瑞姫ダイアリー

綺麗な声を出しやすくする方法!

こんにちは。歌と声の学校の講師、小太刀瑞姫です。
今回は綺麗な声を出しやすくする方法について書いていきたいと思います!綺麗な声とは、「自分の声を最大限に共鳴させた声」の事です。共鳴させる1つの方法として、口腔(口の中の空間)を広く保つ事があります。口腔を広く保つ事で、狭い時よりも共鳴させる空間ができ、綺麗な声が出しやすくなります!

1、舌の位置が大切

口腔の大きさには舌の位置が関係します。
舌の奥が上がると口腔が狭く、共鳴させる空間が狭くなります。なので舌の奥を上げずに口腔の大きさを広く保つ事が大切です。その為には、舌の位置に気づき、状態を認識する必要があります。

2、舌の位置に気づく方法

舌の位置に気づく方法の1つに、鼻濁音「んが」で発音する方法があります。鼻濁音とは鼻に抜けて発音される濁音の事で、「んが」は舌の奥を動かして発音します。この発音を行う事で、舌の奥が上がった状態と下がった状態を認識できます。 

  1. まず、口を大きく開けて「ン」の発音をします。この時、舌の奥が上がって上顎の奥に付いた状態になります。
  2. 次に、➀の状態のまま「ガ」の発音をします。この時、舌の奥が上顎から離れ落ち、下がった状態になります。

下がった事により➀の状態よりも口腔が広く、共鳴させる空間が広くなった事が認識できると思います。広い状態を保って声を出す事と、綺麗な声が出しやすくなります。


最後まで読んで下さりありがとうございました。綺麗な声を出しやすくする方法の1つとして、口腔を広く保つ事を紹介させて頂きました。舌の位置を認識する為に用いた鼻濁音ですが、近年発音できる人が少なくなっています。舌の位置の認識と共に鼻濁音の発音も出来るようになってみませんか?

体験レッスン申し込みフォーム

体験レッスンで実際に講師に会ってみよう!相談してみよう!




※入力した情報はSSL暗号化通信によって安全に送信されます。 お申し込み専用フォームにご入力頂きました、個人情報は下記の目的以外には使用しません。

・イベントやセミナーのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品.サービスの関連情報をご案内すること

RELATED POST