教室の表話

声を遠くに飛ばすと言うこと

todokeyo

どーも、翔太です。

僕たちが出しているネット広告にこんなものがあります。

「届けよう。君の声。水平線の彼方へ。」

この広告見たことありますかね。

水平線の彼方まで届くような声を出したいと思いませんか?

そんな声を出せるようにレッスンをさせていただいています。

ですが、生徒さんにそのことをお伝えする以上、僕たちも水平線に声を届けられなければいけません。

なので、実際に咲恵先生と水平線まで声を飛ばしてみたと思います。

水平線を見るために三浦まで行ってみた

と言うことで、三浦半島のとある公園にやってきました。

三浦といえばマグロと大根!!

マグロと大根が見事に融合したとても個性的な置物がありました。

こちらの公園は高台に位置していて、風車なんかもあります。

風がとっても気持ちいいですね。

そして本日の舞台となるのはここ!

とてもいい眺めです。

水平線の彼方まで見えます。

この高台から水平線に向かって声を届けます。

狙いはあそこら辺。

目標を定めて声を届けます。

それでは早速・・・

 

あーーーーーーーー!!!

 

 

あーーーーーー???

 

いや、届いたかどうかわかる訳ないじゃないですか。

水平線の彼方にもう1人待機させるべきでした。

大失態です。

でもこのままでは終われないので、音響学の観点からどんな声、もとい、どんな音が遠くに届きやすいのか調べてみました。

遠くに届く音とは

どんな音が遠くに届く音なのか調べてみました。

結論から言うと、低い音の方が遠くまで届くみたいです。(諸説あり)

なぜなのか。

音は遠くに行くほど弱くなりますよね。
これは皆さん知っていることだと思います。

ではなぜ遠くに行くほど音は弱くなるのでしょうか。

一般的に、音とは空気の振動です。

物が振動すると、周りの空気も振動して広がり、音として伝わります。
音が空気を伝わっている時に、空気が少しずつ音を吸収します。(空気吸収)
なので、少しずつ音が弱くなっているんです。

この空気吸収は、音の周波数が高い、高音になればなるほど強く作用します。
強く作用すると言うことは、遠くに届きにくいと言うことです。

つまり、低い音の方が遠くに届きやすいのです。

近くで花火を見ると「シャララ」と、花火が炸裂した後の高い音が聞こえるのに対して、遠くで花火を見ている時に「ボン、ボン」と低い音しか聞こえないのはこれが原因です。

世界一低い声を出す人

低い音の方が遠くに届きやすいことはわかりました。

では、どれだけの低音を出せばいいのでしょうか。

てか、人間ってどんだけ低い音が出るのだろうか。

調べちゃいました。

この方は世界一低い声を出す男としてギネスに認定されている「ティム・ストームス」さんです。

なんとピアノの最低音からさらに8オクターブほど出るそうです。

マライア・キャリーさんも驚きです。

いやほんと、人間ってすごいですね。

もっと遠くへ声を届けたい

低音の目標も見つけた僕たちは再チャレンジすることにしました。

次に声を届けるのは・・・

宇宙(そら)!!!!

しっかりとした低音ならば宇宙(そら)にもきっと届くはずです。

よし!!!

いくぞ!!!!

 

あ”あ”あ”あ”ーーーーー

 

 

あ”あ”あ”あ”ーーーーー!!!

 

 

ウェイウェイ♪

 

 

またやっちまったーーーーーーー。

だから、宇宙(そら)にもう一人待機させておかないと届いてるかわからないんだって。

同じ過ちを犯してしまいました。

最後に

声を遠くに届ける意識を持つだけで、発声発音が改善されることも多々あります。

いい発声ならば宇宙(そら)にまで声を届けることができます。(あくまで個人の感想です)

そして何より、高台から大きな声を出すのは最高に気持ちいいです。

僕たちと一緒に、いい声で水平線の彼方まで声を届けてみませんか?

 

RELATED POST