新型コロナウイルス感染症の対応について
翔太先生ブログ

自宅で出来る!呼吸のトレーニングでいい声を手に入れよう!

どーも、翔太です。

最近は、新型コロナウイルスの影響で、自宅にいることが増えていることかと思います。

その分、自宅で歌の練習が出来る!と思っても、自宅だと、周りに気を使わなければならず、声を出して練習出来ないこともありますよね。

そこで今回は、声を出さずに自宅でできる呼吸のトレーニングをご紹介します。

呼吸のトレーニングをすると、呼吸が良くなり、安定します。
呼吸が安定すると、声も安定して、いい声になります。
自宅で出来る呼吸のトレーニングで呼吸を鍛え、いい声を手に入れましょう!

トレーニング方法

今回紹介するトレーニングは、息を長く吸ったり短く吸ったりするだけの簡単なトレーニングです。

やることは以下の4つだけ
※トレーニングの1例を後ほど記載するので、実際にやってみてください!

  1. 長く吸う→息を止める→長く吐く
  2. 長く吸う→息を止める→短く吐く
  3. 短く吸う→息を止める→長く吐く
  4. 短く吸う→息を止める→短く吐く

これをやるだけ。
とっても簡単ですね。

トレーニングを行う上でのルール

このトレーニングを行う上でのルールがいくつかあります。
より良いトレーニングを行う為、必ず守ってください!

  • 鼻呼吸を意識
    喉の乾燥を防ぐために、息は基本的に鼻から吸いましょう。
    鼻だけでは苦しい場合、補助的に口で息を吸います。
  • 無理をしない
    体が力んでいると、正しい呼吸はできません。
    力まないようにするために、吸う時も吐く時も無理をしないでください。
    肺が痛くなったり、負荷を感じたらアウトです。
    常に余裕のある状態状態がベストです。
  • ①③の「長く吐く」は「長く吸う」の倍の秒数で
    ゆっくり長く吐けるように「長く吐く」は「長く吸う」の倍の秒数で行います。
    例えば、4秒で吸った場合、8秒で吐きましょう。
  • 吸う・吐くの動作の間は息を止める
    吸う・吐くの動作の間は必ず4~5秒息を止めましょう
  • ②③④の短く吸う・吐く時は1秒で
    短く吸う・吐く秒数の目安は1秒程度。
    一気に全部吐き出すイメージです。
    ただ、このときも無理をしたり力んだりしないよう注意しましょう。

実際にやってみよう

ルールと内容を確認したところで、実際にやってみましょう
今回は「長く吸う・長く吐く」を5秒で吸って10秒で吐くパターンを試してみましょう。
それではどうぞ!

  1. 長く吸う(5秒)→息を止める(5秒)→長く吐く(10秒)
  2. 長く吸う(5秒)→息を止める(5秒)→短く吐く(1秒)
  3. 短く吸う(1秒)→息を止める(5秒)→長く吐く(10秒)
  4. 短く吸う(1秒)→息を止める(5秒)→短く吐く(1秒)

いかがでしたか?
息に余裕がある状態をキープできましたか?

難しかった方は、楽に出来る秒数に変えてチャレンジしてみましょう。
慣れてきたら秒数を増やしてもOK!

回数ですが、①〜④を2回で1セットとして、1日5〜6回を目安に練習してみてください!
もちろんそれ以上やっても問題ありません。

これで自宅でもトレーニングが出来る!

呼吸が良くなると、声も良くなります。
自宅での練習の際は、是非、呼吸のトレーニングを試してみてください。

・文章だとよくわからない。
・やり方が合っているのか確認してほしい。
・次のステップはどうすれば良いのか知りたい

そんな方は是非1度、当校の体験レッスンにお越しください。
この記事を見たとお伝えいただければ、記事のトレーニングを使用したレッスンをさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

参考:大本恭敬(2005)『「声」道場』(株)ミューズ

体験_青_小







RELATED POST