教室の裏話

ラジオで話したい方必見!!穂乃花先生のとある1日vol.1〜ラジオ編Ⅰ〜

ラジオで話したい方必見!!
穂乃花先生のとある1日vol.1〜ラジオ編Ⅰ〜

みなさんこんにちは!歌と声の学校講師新坂穂乃花です。

私は当校唯一の現役シンガーソングライターの講師として、日々レッスンとアーティスト活動を行っております。

アーティスト活動で得た経験や知識は、どれもレッスンに活用できるものばかりです。

アーティスト活動の一環として私は、FM83.1MHzレディオ湘南で、毎週土曜日18:00~放送の『Shonan Music Town Z』というラジオ番組のアシスタントMCをしています。

ということで今回は「ラジオで話をしたい!!」という方に向けて、私がラジオをしていて学んだことをお伝えしたいと思います!!

ラジオで話したい方必見!!
放送に乗る声を知るべし』!!

私がラジオのアシスタントMCをしていて得た経験の1つとして”放送に乗る声を知り””その声を意識しながら話す”必要がある、ということがあります。

ラジオは電車の中や、車の中で聞かれることが多々あります。

つまり、あまり良い音質でなく雑音が入ってくる環境の中で聞かれることが多いのです。

その環境の中で聞かれることを想定すると、普段の話声・話し方では、雑音に埋もれてしまう可能性があります。

試しに普段お話している話声・話し方を録音し、駅のホームなど雑音が多い空間で聞き返してみてください。

雑音に埋もれて、声が聞き取れないのではないでしょうか。

これを、雑音の中でも聞き取れる声質に変えて行く必要があります

では具体的に何をするのか。。。

POINTを3つにまとめました!

ラジオで話したい方必見!!
放送に乗る声を作るためのPOINT3点!!

POINT1:普段の声より明るく話そう!

POINT2:ゆっくり話すことを意識しよう!

POINT3:自分の声を何度も録音し、ベストな話声・話し方を見つけよう!

POINT1:普段の声より明るく話そう!

先ほどもお伝えしました通り、ラジオはあまり良い音質ではなく、雑音が入る環境で聞かれることが多々あるので、普段の声の明るさでは聞き取れません。

意識的に明るい声で話しましょう!

POINT2:ゆっくり話すことを意識しよう!

ラジオの録音や、生放送をしていて気づいたのが、私は”焦ると早口になる”ということです。
「自分もそうかもしれない・・・」と思う方、多いのではないでしょうか。
心当たりがある方は、自分が話そうとしているスピードの2倍遅く話す、くらいを意識して話してみましょう。
(もちろん個人差があります。それぞれの感覚はPOINT3の内容も踏まえ、調整していきましょう!)

また、ゆっくり話すことを意識すると、不思議なもので自然と気持ちも落ち着いてくるんです。

ぜひ実践してみてください!!

POINT3:自分の声をなんども録音し、ベストな声、話し方を見つけよう!

POINT1やPOINT2でお伝えしたように、声の明るさ、話すスピードを調整していく際に必要なのが”録音して聞き返す”という作業です。

実は自分が話をしている時に聞いている自分の声と、客観的に聞く声とでは印象がだいぶ違うのです。
その違いを知るのに有効なのが”録音して聞き返す”という作業です。

自分の声を客観的に聞くことで、「もう少し声を明るくするべきだな」「意外と早口になってしまっているな」といった課題が見えてきます。

その課題をもとに声の明るさ、話すスピードを調整していきましょう!

 

ご自身の判断だけでは不安な方、もっと詳しくお話を聞きたい方は、ぜひ『歌と声の学校』の無料体験レッスンにお越しください!!
直接お悩みをお伺いし、一緒に答えを見つけていきましょう◎








RELATED POST