新型コロナウイルス感染症の対応について
穂乃花先生のカッテに名曲分析!

『負けないで』vol.2-2

穂乃花イラスト
『穂乃花先生のカッテに名曲分析!』とは

私は普段、シンガーソングライターとしても活動しています。

曲を作る身としては、やはり名曲が名曲である理由を知りたい・・・!!

ということで、誰もが知るアノ名曲をカッテに分析してしまいます!

歌詞分析は個人的な妄想が含まれておりますので、『その解釈は全く違うと思う』とか、『あぁ!確かに!!』とか、はたまた『そんなん当たり前やんけ!!』など、様々なことを感じるかと思います。

でもそれがまた、歌詞分析の面白いところだと思うのです。
人によって違う受け取り方をする、同じ人でも年齢や状況によって違う受け取り方をする。
これは考え甲斐があると思いませんか?
(この分析を読んで、何か思う方がいたらぜひぜひ語り合いたい)

ぜひ、『そんなふうに感じる人もいるのだなぁ』という気持ちで、読み進めていただけると嬉しい限りです!

 

さて、今回はvol.2-1、に引き続き、『負けないで』の2章です!!

前回の記事↓

ほのか先生楽曲分析サムネイル2-1
『負けないで』 vol.2-1 『穂乃花先生のカッテに名曲分析!』とは 私は普段、シンガーソングライターとしても活動しています。 曲を作る身としては、やはり...

A’メロ

「何が起きたって へっちゃらな顔して
どうにかなるサと おどけてみせるの」

2番に突入です。
ここでも1番同様、過去の出来事を振り返っています。

このフレーズでは、相手のキャラクターが垣間見れます。

また、この曲は受験生に向けて作られた応援歌だそうです。
もしかしたらこのフレーズは、アーティストから受験生に向けた”何があっても どうにかなるよ、大丈夫だよ”というメッセージなのかもしれません。

B’メロ

「”今宵は私と一緒に踊りましょ”
今もそんなあなたが好きよ
忘れないで」

”今宵は私と一緒に踊りましょ”、このフレーズは悩みました。
言葉の雰囲気から想像すると、二人きりの部屋で、レコードをかけながらゆったり踊っているような感じがします。
でも、もしそうだとしたら、なぜここに埋め込まれたのかがわかりません。

のんびりした、幸せな空気を作り出そうとしたのでしょうか。
それとも相手のキャラクターを描こうとしたのでしょうか。

フレーズの後半は、”夢を叶えるには沢山苦しいこともあると思うけど、いつまでも、あなたが根っこに持つ魅力的な部分を忘れたりしないでほしい。”と、主人公が切に願っている様子を想像しました。

サビ’

「負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
感じてね見つめる瞳」

”あなたを応援しているよ、心はそばにいるよ、ちゃんとあなたの頑張りをみているよ”と、まっすぐに応援しています。

ラストサビ

「負けないで もう少し
最後まで 走り抜けて
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
追いかけて遥かな夢を」

「負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
感じてね見つめる瞳」

いよいよ最後のサビに入ります。
夢を追いかける相手に向けて、応援の言葉を送っています。

頑張りを誰かに認めてもらえるのって、自信にもつながると思いませんか?

この曲を、ここぞという踏ん張りどころで聴くと、背中を強く推してもらえる気がします。

さて、次回は『負けないで』最終章です!!

 

RELATED POST