穂乃花先生のカッテに名曲分析!

歌の表現力を上げよう!vol.1-2

表現力を上げたいあなたの為の楽曲分析!!

皆さんこんにちは!歌と声の学校 講師の穂乃花です。

これは歌の表現力を上げたいあなたの為の記事です!

前回に引き続き”表現力を上げる一つの方法”というテーマで、楽曲分析をしてきます。

この楽曲分析はSTEP1とSTEP2の2部構成になっています。
この記事では『STEP2:歌詞の内容を理解した上で、その内容に適した歌い方をする』についてお伝えします!

STEP1については下記をご確認ください↓

あわせて読みたい
歌の表現力をあげよう!vol.1はじめに 皆さんこんにちは!歌と声の学校 講師の穂乃花です。 歌に関するあらゆるお悩みを持った方と接していく中で、よく伺うものがあり...

使用楽曲

前回に引き続き、『離したくはない/T-BOLAN』の分析をしていきます。

歌の表現力を上げるSTEP2
【歌詞の内容を理解した上で、その内容に適した歌い方をする】

STEP2を実行するには、以下の流れが必要です。

1)適した歌い方をする為のポイントを抑える

2)ポイントを踏まえた歌い方を考える

3)実際に歌って評価する

1)適した歌い方をする為のポイントを抑える

ではさっそく、歌詞の内容に適した歌い方をする為のポイントをお伝えします。

そのポイントとは、①「誰が」②「誰に」③「何を」伝えるのか考える、ということです。

この「誰が」「誰に」「何を」というのは、歌詞の中の話ではありません。
自分が曲を歌うときに、「誰が」「誰に」「何を」伝えようとしているのか考えます!

①「誰が」伝えているのか考える

まずは「誰が」の部分を考えていきましょう。

この曲は歌い手目線の曲なので、必然的に「誰が」は「歌い手自身」となるでしょう。

②誰に伝えるのかを考える

続いて「誰に」について考えます。

前回この曲の内容をまとめた際に、この曲は「俺にはお前が必要なんだ 俺の元へ戻ってきてほしい!!」と言っているのでは、という分析をしました。

ではこの「誰に」とは誰に当てはまるでしょうか。

もし、曲中の主人公と同じような経験がある方がいれば、この「誰に」は「元恋人に」向けて歌うといいでしょう。

もしこのような経験がない場合は、想像上の人物を作り上げるという方法があります。

大事なのは、”自分が思いを込められる相手”を想像することです!

③「何を」伝えたいのか考える

最後に「何を」伝えようとしているのかを考えていきましょう。

これは、前回の内容を踏まえると「俺の元に戻ってきてほしい!!」という部分が、この「何を」にあたります。

2)ポイントを踏まえた歌い方を考える

以上のポイントを抑えると、曲中の主人公はかなり女々しいタイプだと思われます。

なぜなら自分の元を去って行く恋人に対して、”諦めるよりも信じることに掛けてみたい””離したくはない”と言っているからです。
もし男らしい人であれば、そういう言葉は出てこないのではないでしょうか。

ということは、この楽曲を歌うときは、そのような男性になりきらねばなりません。

「離したくはない!!!」と、力任せに大声で歌ってしまうと、曲が持っている雰囲気と合わなくなってしまいますので、注意です!

3)実際に歌って評価する

では上記を踏まえて実際に歌ってみましょう。
ポイントは、自分で歌った音を録音し、自分で聴き返すことです。
(携帯の録音機能などで大丈夫です◎)

聴き返した際のポイントはこちらです!
1.「俺にはオマエが必要なんだ、俺の元へ戻ってきてほしい!!」と言っているように聴こえるか 
2.女々しい男の雰囲気が感じ取れるか

まとめ

それでは最後にSTEP2をまとめます。

実際に歌うときのポイントは「誰が」「誰に」「何を」伝えるのか考える、ということです。

今回の楽曲では、「歌い手自身が」「元恋人に(想像上の人物可)」「お前が大切なんだ!俺の元に戻ってきてほしい!!」と伝える、と結論を出しました。

 

もちろん、この結果が絶対というわけではありません。

人それぞれが楽曲と向きあうとき、それぞれの答えに出会えるはずです。

皆さんもどうか、自分なりの解釈を考えてみてくださいね!

 

次回は違う楽曲を分析していきます!
お楽しみに〜!!

RELATED POST